「酪農を身近に感じて!」 栄養学ぶ大学生が乳搾り 牧場主催の体験会  大分

2022年11月03日 18:30更新

大分県杵築市で、学生を対象にした乳搾りなどの体験会が行われました。

この体験会は、酪農を身近に感じてもらおうと県と、杵築市の「たばた牧場」が食育事業の一環として開いたものです。

3日は別府市内の大学などで食品の栄養などについて学ぶおよそ30人が訪れ、牛の乳搾りを体験したり子牛にミルクをあげたりしていました。

◆参加者は

「食材としてではなく、生きてる時から牛乳の(つくられる)流れを見られて勉強になる」

たばた牧場では月に1回、こうした体験会を開いているということです。

最新のニュース