溝部短大で「秋の卒業式」 留学生4人が巣立つ 卒業後は県内の旅館などへ 大分

2022年09月05日 18:30更新

大分県別府市の短期大学で5日、留学生の卒業式が行われました。

  

別府市の別府溝部学園短期大学で行われた「秋の卒業式」。

新型コロナの影響で多くの学生が入国出来なかったため、5日に卒業したのはネパールからの留学生4人のみです。

式では溝部仁学長が1人ひとりに卒業証書を手渡しました。

4人は、2年間でビジネスマナーや別府の温泉文化などを学んだということです。

 

◆卒業生は

「先生たちのおかげでいま日本語が上手に話せるようになった。未来のためにもっと頑張りたい」

 

卒業生たちは全員、県内のホテルや旅館への就職が決まっているということです。

最新のニュース