「あと1点」遠く‥ トリニータ 大宮と引き分け 順位はPO圏内の6位キープ

2022年09月15日 11:30更新

大分トリニータは14日夜、アウェーで大宮アルディージャと対戦し一時は逆転したものの引き分けに終わりました。



J1昇格プレーオフ圏内ギリギリの6位から少しでも順位を上げたいトリニータ。
大宮との対戦で今シーズン初の4連勝を目指します。



しかし、試合開始わずか4分。
大宮に先制点を許してしまいます。

追いかける展開となったトリニータですが、その8分後でした。
コーナーキックからペレイラが頭で合わせ同点に追いつきます。
さらに22分、高畑のクロスにサムエルのヘディングシュート!トリニータが逆転に成功します。



しかしその後、同点に追いつかれ結局、2対2の引き分けに。
連勝は3でストップ、順位は6位をキープです。



◆下平隆宏監督
「立ち上がりの失点がセットプレーからだが、あそこは警戒してた中での失点だったし、自分たちがリードした中でもう1点、さらに追加点挙げられてればいうところもあります」



次節は18日の日曜日、アウェーでツエーゲン金沢と対戦します。

最新のニュース