別府・大学生ひき逃げ事件から半年 帰省客に情報提供を呼び掛け

2022年12月29日 16:06更新

別府ひき逃げ事件 容疑者逃走のまま半年

 

大分県別府市で大学生2人が死傷したひき逃げ事件は、容疑者の男が逃走したまま、29日で発生から半年が経ちました。

 

 

警察は、29日、年末年始の帰省客などが多く利用するフェリー乗り場と空港で、情報提供を呼びかけました。

 

 

 

八田与一容疑者を公開手配 帰省客に情報提供求める

 

この事件は2022年6月、大分県別府市野口原の交差点で、バイクに乗っていた男子大学生2人が軽乗用車に追突され死傷したものです。

 

 

県警は、道路交通法違反のひき逃げの疑いで、現場から逃走した八田与一容疑者を公開手配しています。

 

 

容疑者が依然として逃走する中、事件発生から29日で半年となりました。

 

 

県警は、29日別府市内のフェリー乗り場や大分空港で、帰省客などに対し、遺族などが作成したチラシを配り、情報提供を呼びかけました。

 

 

県警には28日までに、132件の情報が寄せられていますが、有力な手掛かりはないということです。

 

 

情報提供は別府警察署まで。

 

【電話番号】0977ー21ー2131です。

 

 

最新のニュース