J1復帰狙うライバル対決!悔しい逆転負け喫すも手応え

2022年03月07日 19:06更新

今季のJ2ホーム初戦、J1復帰を狙うチーム同士の対決、さらに、下平監督にとっては古巣対戦…。

 

注目の一戦には6500人を超えるサポーターが駆けつけました。

 

試合はトリニータが序盤、小林成豪選手のゴールで先制に成功しましたが、その後、前半のうちに追いつかれると…

後半に入って横浜FCに逆転を許すという展開に。

 

トリニータも最後まで果敢に相手ゴールに迫りましたが、追加点はなりませんでした。

 

結局、ライバル対決は悔しい逆転負け。トリニータは今季初の黒星を喫しました。

 

試合後の会見では下平監督や、ケガから復帰した守護神の高木選手が悔しさをにじませる一方で、下平サッカーへの「手ごたえ」も感じていました。

 

詳しい会見の模様は、動画をチェックしてみてください!

 

藤村 晃輝アナウンサー
取材リポート

新型コロナの影響で開幕戦(第1節)が延期され、今回の横浜FC戦が今季のリーグ戦ホーム初ゲームとなりました。

 

J1復帰を狙うライバル同士の対戦は激しい攻防となり、非常に見ごたえのある一戦でした。

 

惜しくも逆転負けを喫し、今季初の黒星となったトリニータですが、「下を向いている暇はない」と高木選手が語ったように、また次の試合がすぐにやってきます。

 

次節は3月9日(水)。延期となっていた水戸ホーリーホックとの対戦です。

今度こそ勝利を期待しましょう!

最新のニュース