「最強クラスの寒波」県内も大雪に・・別府市では強風で木が倒れ男性死亡

2023年01月24日 18:30更新

10年に1度の記録的な寒気の影響で、県内では各地で雪が降っています。

24日夜から25日明け方にかけて、大雪に警戒が必要です。

 

別府市では、強風の影響で倒れたとみられる木に当たって、男性1人が亡くなりました。

午後2時ごろの日田市中心部は、雪と強い風で辺りが真っ白になっていました。

 

県内には10年に1度クラスの強い寒気が流れ込み、現在、暴風雪警報が県の北部と中部の沿岸部佐伯市に、大雪警報が北部と西部、杵築市と由布市に出されています。

気象台によりますと午後3時現在、日田で2センチの積雪を観測しています。

24日午後6時からの24時間に降る雪の量は、山地で20センチ、平地で10センチが予想されていて、24日夜から25日明け方にかけて、大雪に警戒が必要です。

 

ーー街の人は

「すごい寒いです。自分が凍るような(寒さ)」

 

最大瞬間風速は豊後高田市で26.9メートル、中津市で19.6メートルなど、県内6つの地点で、1月の観測史上最も強い風が吹いています。

別府市では24日正午ごろ、南畑の路上で強風で倒れたとみられる木に当たって、別府市内の団体職員・高原重伸さん(62)が亡くなりました。

 

また県警によりますと、大分自動車道の湯布院インターと日出ジャンクションの間で雪の影響とみられる事故が発生し、約10台が立ち往生しています。

雪や事故の影響で、高速道路は東九州自動車道の大分から北九州方面や、大分自動車道の日出ジャンクションから福岡方面など、広い範囲で通行止めとなっています。

この他、国道10号の宇佐市と日出町の間や、国道210号の九重町と由布市湯布院町の間が、全面通行止めです。

 

ーーTOS柴田真里キャスター

「JR大分駅前です。午前中から雪が降ったりやんだりを繰り返していて、今も吹き付けている。とても寒いです。」

 

気象台は、25日にかけて気温が10年に1度程度の低温になるとしていて、雪を伴った暴風や路面凍結による交通障害などへの警戒、水道管の凍結などへの注意を呼び掛けています。

最新のニュース