アレルギー表示せず販売 ロールキャベツを自主回収 佐伯市のスーパー

2023年01月24日 18:30更新

佐伯市のスーパーが販売したロールキャベツに、アレルギー表示をしていなかったほか、賞味期限も間違っていたとして、店が自主回収を進めています。

 

ロールキャベツが販売されたのは、佐伯市のマックスバリュ佐伯駅前店です。

県によりますと、23日、店の従業員がアレルギー表示がないことに気づきました。

また、冷蔵で販売する商品に、誤って冷凍用のシールを張ったため、本来24日までの賞味期限が、来月5日と記載されているということです。

 

このロールキャベツは22日から23日にかけて4パック販売されています。

アレルギー表示の欠落は、重篤な健康被害が起きる恐れがあるため、店は購入した可能性がある人は連絡してほしいと呼びかけています。

最新のニュース