大分市の佐野清掃センター ピット内で火災 10時間以上鎮火せず

2023年01月20日 11:50更新

20日未明、大分市の佐野清掃センターで火事があり、発生から10時間以上たった現在も鎮火には至っていません。

 

◆TOS山路記者

「現在、10時過ぎですが、依然として消火活動が続けられています。あたりには焦げ臭いにおいが漂っています」

 

火事が起きているのは、大分市佐野の佐野清掃センターです。

警察や大分市などによりますと、20日午前1時14分に火災警報装置が作動し、職員が現場を確認したところ、ごみをためるピット内で火が出ていたということです。

 

消防車11台が出動し消火活動にあたっていますが、建物内に煙が充満していて、火元が分からず難航し、発生から10時間以上経った現在も、鎮火には至っていません。

けが人はいないということです。

 

佐野清掃センターは、20日のゴミの受け入れを中止していますが、ごみステーションでの家庭ごみの収集は、通常通り行われるということです。

最新のニュース