冬限定! 厚い葉と強い甘みが特徴の「ちぢみほうれん草」 収穫ピーク

2023年01月17日 18:30更新

豊後大野市で、「ちぢみほうれん草」の収穫がピークとなっています。

厚い葉と甘みが強いのが特徴のちぢみほうれん草は、冬の寒さにさらすことで葉が縮み、糖分を蓄えて甘みが増すということです。

 

豊後大野市は、このちぢみほうれん草の県内有数の産地で、今、収獲のピークを迎えています。

12月の寒波で葉がギュッと縮み、いい出来になったということです。

 

◆ちぢみほうれん草生産者 後藤久さん

「見ての通り、綺麗なホウレンソウに仕上がりました」

 

豊後大野市のちぢみほうれん草は、九州内や関西に向け約40トンの出荷が見込まれています。

最新のニュース