「思い出は初詣」ほとんどの小・中・高校で3学期スタート 金池小は新校舎に

2023年01月10日 18:30更新

1年間のまとめの学期が、スタートしました。

県内ほとんどの公立の小・中・高校で、10日、3学期の始業式が行われました。

 

大分市の金池小学校は、老朽化した校舎を建て替え、10日の3学期から新校舎での生活をスタートさせました。

 

新しい体育館で行われた始業式には、全校児童約840人が参加。

始めに石川照代校長が、「この新しい校舎で、みんなで力を合わせて、素晴らしい金池小学校にしていきましょう」と挨拶しました。

そして児童の代表が、冬休みの思い出と3学期に頑張りたいことを発表していました。

 

◆男子児童

「(冬休みの思い出は)初詣に行ったことです。とても楽しかった」

◆女子児童

「卒業式の歌の伴奏の練習を頑張っているけど、ピアノの練習をたくさんできたらいいなと思う」

◆男子児童

「校舎はきれいで、とても過ごしやすいので、これからもいっぱい友達と思い出を作りたい」

 

10日は、県内ほとんどの公立の小・中・高校で3学期がスタートしています。

最新のニュース