3年ぶりに声援戻る 世界王者マルセル・フグ選手「多くの人の声援が力に」大分国際車いすマラソン 大分

2022年11月21日 18:30更新

20日行われた大分国際車いすマラソン、3年ぶりに沿道の声援が戻ってきました。

 

41回目を迎えた大分国際車いすマラソンには、海外12か国を含む、158人の選手が参加。

3年ぶりに通常開催となり沿道から大きな声援が選手に送られました。

 

◆沿道の人

「こりゃもう、感動ものですね」

「久しぶりに楽しんでいます」

「思いっきり声を出せてしっかり見れるんで、とても嬉しいです」

男子フルマラソンでは4キロ地点で抜け出したスイスのフグ選手が、独走で4大会連続10回目の優勝を飾りました。

 

◆マルセル・フグ選手

「疲れたけど、とても幸せです。多くの人の声援が、自分の力になると実感できたレースでした」

 

2位にはパリ・パラリンピックでのメダル獲得を目指す鈴木朋樹選手。

女子の優勝は、最後のデッドヒートを制した土田和歌子選手が10年ぶり7回目の優勝を飾っています。

最新のニュース