「自分が火をつけた」自宅敷地内の倉庫に放火し自ら通報 69歳の女を逮捕

2022年11月21日 11:30更新

大分県玖珠町の自宅の敷地内にある倉庫に放火し、柱などを焼いた疑いで69歳の無職の女が逮捕されました。調べに対し女は容疑を認めているということです。

 

非現住建造物等放火の疑いで逮捕されたのは玖珠町山田の無職後藤治美容疑者(69)です。

警察によりますと、後藤容疑者は19日午後4時40分ごろ、自宅の敷地内にある倉庫に火を付け柱などを焼いた疑いが持たれています。

 

後藤容疑者は1人暮らしでこの火事によるけが人はおらず、ほかの建物への延焼もありませんでした。

後藤容疑者は犯行後、「倉庫が燃えている」と自ら119番通報をしていました。

 

警察が火事の原因を調べるため後藤容疑者に話を聞いていたところ「自分が火をつけた」と話したため20日夜、逮捕したということです。

警察は詳しい動機などについて後藤容疑者を追及する方針です。

最新のニュース