大分市 新型コロナワクチン1回目・2回目接種の機会拡充 大分

2022年11月18日 14:00更新

大分市は新型コロナウイルスのワクチンについて、1回目と2回目の接種を終えていない12歳以上の人を対象に、12月に接種の機会を拡充すると発表しました。

現在、大分市では1回目・2回目の接種を大分こども病院のみで実施していて、予約枠が埋まりつつあるということです。

そのため、12月3日(土)と24日(土)の2日間、稙田市民行政センターでも接種を行うことにしました。

時間は午前9時から午後5時までとなっています。

1日に最大540人が接種可能で、ファイザー社製の従来型ワクチンを使用します。

すでにインターネットとコールセンターで予約の受け付けを開始しています。

大分市保健所によりますと、12歳以上の市民およそ42万8000人のうち、36万3000人ほどが2回目までの接種を終えているということです。

最新のニュース