「時速194キロで死亡事故 “危険運転”検討へ」「ミサイル想定の避難訓練」大分の1週間を振り返る

2022年11月18日 18:30更新

大分県内のこの1週間の出来事を一気に振り返ります。

 

◆11月11日(金)

イルミネーションの季節が到来。

大分市では「おおいた光のファンタジー」など光のイベントが始まりました。

任期満了に伴う来年の県知事選挙、一気に候補者乱立の様相を呈してきました。

 

ーー大分市 佐藤樹一郎市長

「来年の県知事選挙にチャレンジをさせてもらいたいと決意を固めた」

 

大分市の佐藤樹一郎市長がこの日、知事選への出馬を正式に表明しました。

また、衆議院議員の岩屋毅氏も出馬の意向を固めたほか、前参議院議員の足立信也氏も知事選を含む統一地方選への出馬に向け調整を進めていることが分かりました。知事選については参議院議員の安達澄氏がすでに出馬を表明しています。

 

◆11月12日(土)・13日(日)

県内で全国育樹祭が開催され、14年ぶりに秋篠宮ご夫妻が来県されました。

森を育てることの大切さを広く呼びかける全国育樹祭。

秋篠宮ご夫妻はお手入れ行事や式典などに出席されました。

 

ーー秋篠宮さま 

「木の文化がここ大分の地から全国へと展開していくことを祈念し、私の挨拶といたします」

 

春の高校バレー県大会の決勝が行われ、男子は大分工業、女子は東九州龍谷が全国への切符を手にしました。

 

◆11月14日(月)

七五三シーズン。

大分市の園児たちが神社にお参りに訪れました。

千歳あめをもらって、うれしそうに記念写真を撮ってもらっていました。

 

◆11月15日(火)

県内の認定こども園に通う当時3歳の女の子にわいせつな行為をした疑いで、担任の保育教諭の男が再逮捕されました。

男の逮捕は3度目です。

 

◆11月16日(水)

ミサイル発射を想定した避難訓練です。

大分市役所では、屋内では初めてとなる弾道ミサイルの発射を想定した避難訓練が行われました。訓練の様子は避難の注意点などを含め、インターネットで公開するということです。

 

◆11月17日(木)

時速194キロの車が起こした死亡事故で「危険運転致死罪」の適用を検討です。

去年2月、大分市の交差点で当時19歳の会社員が時速194キロで運転する車が対向車線から右折してきた車と衝突。運転手の男性が亡くなりました。

大分地検は、会社員を過失運転致死罪で起訴しましたが、より刑の重い危険運転致死罪に切り替えられるか、検討を始めたことが分かりました。

最新のニュース