20日号砲!“大分国際車いすマラソン” 海外選手続々 前回王者も調整に汗流す

2022年11月17日 18:30更新

20日の日曜日に開催される大分国際車いすマラソンに向け、海外選手の第一陣が16日夜、到着しました。

17日は、大分県大分市で最終調整を行っています。

 

ことしで41回目を迎える大分国際車いすマラソン。

16日夜は、海外選手の第一陣8人が大分入りしました。

 

 

ことしは3年ぶりに海外からの一般選手も参加することになっていて、日本を含む17か国の182人がエントリーしています。

到着から一夜明け選手たちは、17日から大分市の昭和電工ドーム大分で最終調整を行っています。去年の大会で22年ぶりに世界記録を更新して優勝した、スイスのマルセル・フグ選手もトラックを回り、汗を流していました。

 

 

◆マルセル・フグ選手

「きのう着いたばかりなので、練習は体をリラックスさせるような簡単なトレーニングをした。もちろんことしもレースで優勝したいと思う」

 

大分国際車いすマラソンは20日の日曜日に開催されます。

最新のニュース