山中でショベルカーの下敷きに‥71歳男性死亡 林道整備作業中

2022年11月17日 18:30更新

17日午後、大分県佐伯市宇目の山中で、作業をしていた高齢の男性が倒れたショベルカーの下敷きになり、死亡しました。

 

現場は佐伯市宇目小野市の山中です。

警察と消防によりますと17日午後1時10分ごろ、「人がショベルカーの下敷きになっている」と一緒に土木作業をしていた人から119番通報がありました。

下敷きになっていたのは近くに住む矢野明文さん(71)で、意識不明の状態で病院に搬送されましたが、およそ2時間後に死亡しました。

 

当時、矢野さんはショベルカーを使って林道を整備する作業をしていたということですが、通報者が昼食で離れ、戻った際に下敷きになっていたということです。

警察が事故の原因を調べています。

最新のニュース