194キロで走行 死亡事故 地検が「危険運転致死罪」切り替え検討

2022年11月17日 11:30更新

去年、大分県大分市で時速194キロで車を運転し死亡事故を起こした元少年について、過失運転致死罪で起訴した大分地検が、より刑の重い危険運転致死罪に切り替えられるか検討を始めたことが分かりました。

 

去年2月、大分市大在の交差点で、当時19歳の元少年が運転する車が対向車線から右折してきた車と衝突し、右折した車を運転していた小柳憲さんが亡くなりました。

元少年は時速およそ194キロで車を運転していたとされていて、警察は危険運転致死の疑いで書類送検しましたが、大分地検は法定刑が軽い過失運転致死罪で起訴しました。

遺族はこれを不服として、先月、適用する罪を変える訴因変更を求めて集めた署名を地検に提出しています。

 

こうした遺族の要望などを受け、大分地検が危険運転致死罪に切り替えられるか検討を始めたことが捜査関係者への取材で分かりました。

16日夜は、警察と合同で現場で当時の状況を再現し詳しく調べていて、追加の捜査結果などを踏まえ判断すると見られます。

最新のニュース