冬の高速道路に安全を 大分市で雪氷作業車の出動式

2022年11月15日 18:30更新

積雪や路面の凍結の危険が高まる冬を前に高速道路の除雪作業などを行う作業車の出動式が15日、大分県大分市で行われました。

 

雪氷作業車とよばれるこの車両は、冬場の高速道路の安全な走行を確保するため道路に凍結防止剤をまいたり路面に積もった雪を取り除いたりします。

15日は大分インターチェンジで作業車の出動式が行われ、今シーズンの安全を祈願しました。また、実際に凍結防止剤を散布するデモンストレーションも行われました。

 

NEXCO西日本では県内の高速道路、あわせて200kmあまりで26台の雪氷作業車を使って対応していて、昨シーズンは44日出動したということです。

最新のニュース