工事中の「関崎海星館」現場見学 地元の中学生に“ものづくり身近に感じてもらいたい” 大分

2022年11月14日 18:30更新

リニューアル工事が行われている大分県大分市の関崎海星館で、地元の中学生がその現場を見学しました。

関崎海星館を訪れたのは大分市の佐賀関中学校の生徒およそ20人です。

 

担い手不足が問題となっている建設業について、仕事内容を知って身近に感じてもらおうと市が実施しました。

 

関崎海星館はことし5月から休館して、最新の天体望遠鏡を導入したり施設全体のバリアフリー化が進められています。生徒たちは現場の担当者などからプラネタリウムの構造などについて話を聞き、理解を深めていました。

 

◆生徒は

「いつも何気なく使っている施設も、このようにいろんな大変な過程を経て造られているんだと思った」

 

市は「子どもたちにものづくりに関心を持ってもらえれば」と話しています。

最新のニュース