来春の大分県知事選 現職引退表明から1か月 一気に乱立の様相に

2022年11月11日 18:30更新

任期満了に伴う来年春の大分県知事選挙について。

一気に乱立の様相を呈してきました。

大分市の佐藤樹一郎市長が11日、知事選への出馬を正式に表明しました。

 

また、衆議院議員の岩屋毅氏も知事選に出馬する意向を固めたほか、前参議院議員の足立信也氏は知事選を含む統一地方選挙への出馬に向け調整を進めていることが関係者への取材で分かりました。

 

◆大分市 佐藤樹一郎市長

「大分県が発展するための取り組みをしていきたい。来年の県知事選挙にチャレンジをさせてもらいたいと決意を固めた」

 

大分市の佐藤樹一郎市長は11日、会見を開き、来年春の知事選に出馬することを正式に表明しました。

佐藤樹一郎氏は大分市出身の64歳で、2015年の大分市長選挙で初当選を果たし現在、2期目を務めています。知事選には無所属で出馬する予定で、政策のビジョンについては広瀬県政の継続と発展を掲げました。

 

◆大分市 佐藤樹一郎市長

「今までの県政を御破算にしていちから作り直すのではなく、今までの取り組みを大事にして継続し発展させていく」

 

また、知事選については大分3区選出の衆議院議員、岩屋毅氏も出馬する意向を固め、周辺の関係者に伝えたことが分かりました。

岩屋氏は現在9期目で、2018年には防衛大臣として初入閣を果たしています。

岩屋氏は支援者に対し「25年間、国のためにやってきたので最後は大分のために頑張りたい」と話しているということです。

 

さらに前参議院議員の足立信也氏が、知事選を含め来年の統一地方選挙への出馬に向けて調整を進めていることが分かりました。

足立氏は大分市出身の65歳。

ことしの夏まで参議院議員を3期務め、過去の国政選挙では連合大分から支援を受けていました。

 

ただ、同じく連合大分から支援を受け参議院議員に当選した安達澄氏がすでに知事選への出馬を表明しています。

 

こうした中、足立信也氏は11日午後、立憲民主党県連を訪れました。

関係者によりますと足立氏は、知事選に出馬した場合には支援してほしいと依頼したということです。その一方で、話し合いの後、報道陣に対し知事選についての考えを次のように話しました。

 

◆足立信也氏

「野党系から2人出ることはありえない。そんなことをしたら県民の信頼を失う」

 

また、過去の知事選に候補者を擁立してきた共産党県委員会は「野党共闘が出来るのか、独自候補を擁立するかは今後の状況を見ながら判断していきたい」と話しています。

 

広瀬知事の引退表明から1か月あまり。

知事選は一気に乱立の様相を呈してきています。

なお、来年春の統一地方選挙は11日、日程が決まり、知事選については3月23日告示、4月9日に投開票が行われます。

最新のニュース