宇宙から分析! 玖珠町で「人工衛星のデータ活用したコメ作り」 本格始動を前にキックオフ会議

2022年11月11日 18:30更新

大分県玖珠町で、人工衛星のデータを活用したコメ作りが本格的に始まることになりました。

11日は玖珠町の宿利町長や大分市のIT企業の関係者などが出席してキックオフ会議が開かれました。

このプロジェクトは大分空港が宇宙港になることを受けて、宇宙ビジネスに参入しようと始まりました。人工衛星のデータをもとに土の状態や最適な収穫時期を分析し、品質の良いコメ作りに取り組むということです。

町では新たなブランド米として売り出す考えで、早ければ1年後の販売を目指したいとしています。

最新のニュース