2週間連続して前週同曜日上回る 新型コロナ489人感染 増加傾向続く

2022年11月11日 18:30更新

新型コロナウイルスについて大分県は11日、新たに489人の感染と2人の死亡を発表しました。

新規感染者数は、祝日の次の日だった先週金曜日と比べて248人多くなっていて、前の週の同じ曜日を上回るのは2週間連続です。

 

年代別では40代が最も多く92人、10代が74人、30代が68人などとなっています。

クラスターは由布市の医療機関と佐伯市の高齢者施設で合わせて2件確認されています。

 

また11日は90歳以上の2人の死亡も発表され、県内の累計の死亡者数は399人となりました。

県は「感染者の増加が続いているので、換気をはじめとする基本的な感染防止対策の徹底をお願いしたい」と呼び掛けています。

最新のニュース