新型コロナ1か月半ぶりに新規感染者が500人超える 県は換気の徹底呼びかけ

2022年11月09日 18:30更新

新型コロナウイルスについて大分県は9日、新たに540人の感染を発表しました。

新規感染者は先週の水曜日より110人多く、前の週の同じ曜日を上回るのは12日連続です。

また、新規感染者数が500人を超えるのは9月23日以来、47日ぶりです。

 

県は「特に今月に入って感染者数が増加している」としています。

年代別では10代が最も多く83人。また30代と40代もそれぞれ80人を超えています。

クラスターは2件で、大分市の医療機関と事業所で確認されています。

 

こうした状況を受け県は9日、換気の徹底を改めて呼びかけました。

具体的には窓は常時、10センチ開けるか、30分に1回、5分程度は開けて欲しいとしています。また、換気扇などを活用し空気の流れをつくることが効果的だということです。

最新のニュース