8週ぶりの値上がり ガソリン価格177.1円 来週は横ばい予想

2022年11月09日 18:30更新

大分県内の最新のレギュラーガソリンの価格が発表されました。

 

1リットルあたり177.1円で、8週ぶりの値上がりとなりました。

石油情報センターによりますと、7日時点の県内のレギュラーガソリンの平均販売価格は1リットルあたり177.1円でした。前の週より0.4円高く、値上がりは8週ぶりです。

 

一方、全国平均は2週連続で値下がりしています。

石油情報センターは「欧米各国の金利の引き上げで需要が減るとの予測から原油価格が値下がりしているが、大分については販売価格への反映が遅れているのでは」と分析しています。

来週については全国的に横ばいが予想されています。

最新のニュース