ツーリズムおおいた元職員の女 別の横領の罪で追起訴

2022年11月09日 18:30更新

公益社団法人ツーリズムおおいたの現金を横領した罪に問われている元職員の女について大分地検が9日、別の時期にも横領をしていたとして追起訴しました。



業務上横領の罪で追起訴されたのは、ツーリズムおおいたの元職員・白石幸恵被告(48)です。

起訴状によりますと白石被告は2017年7月、ツーリズムおおいたの2つの口座から現金を引き出し、合わせて77万円2000円を横領したとされています。
白石被告はその前の月にもツーリズムおおいたからおよそ65万円を横領していたとして、10月起訴されています。

なお、ツーリズムおおいたでは総額およそ5800万円の使途不明金が発覚していて、警察が捜査を続けています。

最新のニュース