大分ダイハツが店休日利用し 海岸で清掃活動 「裸足でも走り回れる」海岸に

2022年11月08日 18:30更新

身近な自然環境を守ろうと大分県内の自動車販売会社が8日、別府市の海岸で清掃活動を行いました。

 

この活動は大分ダイハツ販売が店休日を利用した地域貢献活動として去年から行っています。

ことしは別府市の餅ヶ浜海岸に従業員やその家族およそ150人が集まりました。

そして1時間ほどかけてプラスチックゴミや枯れ草などを拾い集めていました。

 

◆大分ダイハツ販売 斉藤嘉徳取締役

「私の小さな頃は裸足で海岸を走り回っていたと思う。いま見るとかなりプラスチックのゴミがあるから、小さいゴミでも取ってきれいにしていけたら」

 

8日は45リットル型のごみ袋で77袋分を回収したということです。

最新のニュース