新型コロナ 「全数把握」簡略化後 最多の431人感染

2022年11月08日 18:30更新

新型コロナウイルスについて大分県は8日、新たに431人の感染を発表しました。

 

新規感染者は先週の火曜日よりも58人多くなっています。

前の週の同じ曜日を上回るのは11日連続で、9月26日に全数把握の簡略化が始まって以降、最も多くなっています。

年代別にみると、50代以下を中心に各世代で多くなっています。

 

感染者の増加傾向が続く中、県は速やかなワクチン接種を呼び掛けていて、9日から大分市でも始まる乳幼児のワクチン接種も検討してほしいと話しています。

最新のニュース