小鹿田焼の里 改修工事巡り日田市教委が誤指導「作業場広げられない」など影響

2022年11月07日 18:30更新

大分県日田市は7日、小鹿田焼の里で行われた作業場などの改修工事を巡り、誤った認識で指導を行ったため発注者が希望する形で工事ができなかった事例が2件確認されたと発表しました。

 

日田市の小鹿田焼の里は2008年に「国の重要文化的景観」に選ばれていて、建物の改修工事などを行う際には法律や条例に基づいて日田市教育委員会が発注者への指導などを行っています。

こうした中、2012年と2019年から20年にかけて小鹿焼の里で行われた2件の工事で、日田市教委が誤った認識で指導をした結果、作業場を広げることができないといった影響が出ました。

日田市教委は「発注者に対して謝罪するとともに今後、協議を重ねながら希望通りの工事を再び行えるようできる限り対応したい」としています。

最新のニュース