今にも動き出しそう‥ 350体のユニークな“かかし”展示始まる

2022年11月02日 18:30更新

大分県佐伯市本匠では今、ユニークなかかしが登場しています。

 

こちらは祭りの一場面、神輿を担ぎ今にも動き出しそうです。

また、いかだの上では河童がくつろいでいます。

 

展示されているのは佐伯市本匠の上津川地区です。

10年ほど前から毎年行っていて、ことしは趣向を凝らしたかかし、およそ350体がずらりと並んでいます。

訪れた人たちはかかしに紛れて写真を撮るなど、思い思いに楽しんでいました。

 

◆訪れた人は

「かかしがいっぱいあってびっくりしました」

 

かかしの展示は11月末までで、6日にはおよそ5年ぶりとなるかかし祭りが開かれ太鼓や神楽が披露されるということです。

最新のニュース