「世界に良い変化を与えられる人に」APUで秋の入学式 527人が国際色豊かな学生生活へ 大分

2022年09月23日 18:30更新

大分県別府市のAPU立命館アジア太平洋大学の秋の入学式が行われました。

3年ぶりに全ての新入生が対面で開催された式に臨み、75の国と地域から527人が入学しました。

式では、新入生を代表してアジア太平洋学部の堀場美波さんが「APUの環境を最大限に生かし世界に良い変化を与えられる人に成長しましょう」と呼びかけました。

◆ベトナムからの留学生

「大学4年間の始まりとなる日なのでとてもわくわくしている」

◆日本の学生

「英語を上達させながらコミュニケーションをとってインターナショナルな人間になれれば」

今回の新入生を含めるとAPUは、開学以来初めて学生の出身地が100を超え、102の国と地域の学生が在籍することになったということです。

最新のニュース