交通安全 楽しみながら学ぼう 「おおいた交通安全フェア」 大分

2022年09月23日 12:00更新

子どもたちに楽しみながら交通安全について学んでもらうイベントが、23日、大分県大分市で開かれています。

この「おおいた交通安全フェア」は、21日から始まった秋の全国交通安全運動にあわせて大分市などが開いているものです。

開会式では大分中央警察署の矢野哲幸署長が「交通ルールを守り事故防止を目指しましょう」などと呼びかけました。

会場では、交通安全について小学生向けに分かりやすく紹介したドリルや反射材が付いたキーホルダーが配られていました。

このほか、展示されたパトカーに乗ることもでき、子どもたちが写真を撮ったりして楽しみながら交通安全について学んでいました。

フェアは23日の午後3時までで、ステージではヒーローショーなども予定されています。

秋の全国交通安全運動は、夕暮れ時と夜間の事故防止などを重点項目に9月30日まで行われます。

最新のニュース