佐伯市でり災証明発行のための現地調査進む 対象は市内60か所に

2022年09月22日 18:30更新

大分県佐伯市では住宅の被害の程度を証明する、り災証明書の発行に向けた市の職員による現地調査が始まっています。

こちらの男性の住宅では屋根の瓦が落ちるなどの被害が出ていました。

市によりますと調査の対象は22日時点でおよそ60か所に上るということです。

また市役所には21日から被災者支援窓口が設置され、り災証明書の申請などを受け付けています。23日と24日は休みで、9月25日から30日まで開設するということです。

最新のニュース