3年ぶりの国体へ決意新たに 総勢439人「チーム大分」の結団壮行式

2022年09月21日 18:30更新

3年ぶりとなる国体が10月開催されるのを前に、チーム大分の結団壮行式が21日、大分県大分市で開かれました。

ことしの国体、「いちご一会とちぎ国体」は10月1日に開幕します。

新型コロナの影響で3年ぶりの開催で、チーム大分は33競技に監督や選手などあわせて439人が出場します。

21日は大分市で結団壮行式が開かれ、剣道少年女子に出場する明豊高校3年の奥日菜乃選手が力強く決意表明しました。

 

◆奥日菜乃選手

「一人一人がチーム大分としての誇りを持ち 全競技一丸となり3年分の思いの全てをこの本国体に懸け最後までやり抜くことを誓い 決意の言葉とします」

 

栃木国体でチーム大分は天皇杯の総合得点1000点を目指します。

最新のニュース