違法に未公開株の売買契約結び1120万出資させた疑い 男女3人を逮捕

2022年09月21日 18:30更新

国から業者として登録されていないにも関わらず未公開株の取引を行い、3人から合わせて1100万円余りを出資させたなどとして東京都の会社役員の男など3人が21日、逮捕されました。

 

金融商品取引法違反の疑いで逮捕されたのは東京都の会社役員、田中正美容疑者など3人です。警察の調べによりますと田中容疑者は2017年の11月から翌年の5月までの間、国から業者として登録されていないにも関わらず、3人と未公開株の売買契約を結び、合わせて1120万円を振り込ませた疑いが持たれています。

 

また、東京都の会社役員・市川誉容疑者など2人は田中容疑者から委託を受け勧誘などを行った疑いが持たれています。

事件はおととし3月、大分県別府市の女性が同様の被害を警察に相談したことで発覚しました。

警察は余罪があると見て3人を追及する方針です。

最新のニュース