台風一過 爽やかな秋晴れの1日に 21日朝はぐっと気温が下がる予想

2022年09月20日 18:30更新

20日の大分県内には秋の空気が流れ込み、各地で爽やかな秋晴れとなりました。

台風14号が過ぎ去った20日の県内は大陸の高気圧に広く覆われ、各地で青空が広がりました。日中は強い日差しが降り注いだものの北よりの風が涼しく、JR大分駅前では長袖を羽織った人の姿も見られました。

20日の最高気温は県内で最も高くなった国東市国見でも26.7度、最も低かった湯布院では10月中旬並みの20.1度までしか上がりませんでした。

20日夜から21日朝にかけてはぐっと気温が下がり、各地で肌寒いくらいとなりそうです。

最新のニュース