「がっくり…」水郷日田の風情 屋形船と鮎やな場に台風の爪あと 肩を落とす関係者

2022年09月20日 18:30更新

19日明け方に大分県内に最も接近し、各地に大きな爪痕を残した台風14号。

 

今回の台風の被害は水郷・日田でも…。

夏の風物詩として知られる鮎やな場ですが、三隈川に設置したやな場は壊れ、大量の草木などが絡まっていました。

上流から下ってくるアユはこれからが多くなる時期なだけに、関係者は肩を落としています。

 

◆日田漁協組合長 手島勝馬さん

「ことしのやな漁も終わったなと、がっくりです。今年度復旧するのも難しい状態」

 

大きな被害が出た鮎やな場ですが、隣接する茶屋については営業しているということです。

 

また観光名物の屋形船にも被害が…。

亀山亭ホテルでは3隻を運航していますが、このうち1隻が被害を受け斜めに傾いてしまいました。

 

◆亀山亭ホテル 諌山寿明社長

「自然災害はすごい。どうしようもない、我々が対応するにしても。我々の想像以上」

 

秋のシーズンを迎えた観光地でも台風が暗い影を落としています。

最新のニュース