裏山崩れ車2台ぐしゃぐしゃ「気が付かない程の雨風だった」各地に台風14号の爪痕

2022年09月19日 17:53更新

一夜明け、被害が次々と明らかに。

豊後大野市緒方町下徳田では斜面が崩れ、住宅に土砂が流れ込みました。

 

◆住民は

「ボーンって音がして一気に崩れてきて。とにかくびっくりした」

◆TOS山路謙成記者

「由布市湯布院町では裏山の斜面が崩れ車庫が崩壊し、中にある車も押しつぶされています」

 

こちらの住宅でも、そばの倉庫に大量の土砂が流れ込み中にあった車2台がぐしゃぐしゃになっていました。

 

◆住民は

「全然気が付かなかった川の水の音とそれと雨と風の音で」

◆TOS牧利亮記者

「住宅の2階に設置されたベランダが強風によって壊れています。住人はものすごい音がして、とても怖かったと話していました」

 

県によりますと、午後3時時点で、建物の被害はあわせて26件確認されているということです。

 

また、大分市の70代の女性が風にあおられて転倒し足の骨を折るなど、TOSのまとめでは合わせて10人が重軽傷となっています。

 

◆TOS牧利亮記者

「佐伯市の県道沿いでは大きな木が根元から倒れていて、電線にひっかかっている。その重さに耐えきれなかったのでしょうか、電線に繋がる電柱が下の方から折れている」

 

九州電力によりますと県内各地で電柱や電線に被害が出ていて、午後5時時点で、依然としておよそ1万9000戸で停電が続いています。

この停電の影響で、九重町では18日夜から配水のための機械が動かなくなり町内3つの地区で水道が使えない状況に。町は給水所を開設して対応しています。

 

◆訪れた人は

「もう本当に助かる」

 

「水が出ないと一番困るので」

 

また、土砂崩れが相次ぎ県によりますと、午後3時の時点で138か所の道路が全面通行止めとなっているということです。

 

農業にも影響が…国東市では刈り取り前の稲が強風で倒れてしまったほか、農業用ハウスが壊れる被害も出ています。

最新のニュース