台風14号による交通機関への影響 一部再開も20日まで影響長引く見込み 大分

2022年09月19日 13:00更新

19日朝方に大分県内に最接近した台風14号は、遠ざかりつつありますが、JRは19日も終日運休など、現在も交通機関に影響が出ています。

 

鉄道への影響です。

 

【JR九州】(19日正午時点)

 

19日 特急・在来線ともに始発から終日運休

 

20日については、線路設備などの点検のため、始発から運転を見合わせる見込み。

 

続いて海の便への影響です。

 

19日はすべてのフェリーが欠航です。

 

【国道九四フェリー】

 

19日 終日欠航

 

【宇和島運輸フェリー】

 

19日 終日欠航

 

【フェリーさんふらわあ】

 

19日 終日欠航

 

【九四オレンジフェリー】

 

19日 終日欠航

 

20日 八幡浜発 8時20分発 臼杵発 11時35分発の便まで欠航

 

その後の便については未定

 

【スオーナダフェリー】

 

19日 終日欠航

 

20日

 

竹田津発 

 

4時20分発の便まで欠航

 

徳山発

 

2時発の便まで欠航

 

その後は台風の影響を見て判断。

 

続いて空の便への影響です。

 

19日は、大分空港発着のすべての便が欠航。20日は、JALが3便欠航を決めています。

 

続いて、バスへの影響です。(午後12時35分時点)

 

【高速バス】

 

とよのくに(大分~福岡)、サンライト(大分~長崎)、やまびこ(大分~熊本)、SORIN号(大分~京都)、佐伯~大分空港線はすべて19日は終日運休

 

【路線バス】

 

大分バス 19日13時30分ごろから順次運行再開。ただし一部区間で迂回運行。

 

亀の井バス 一部を除き運行再開

 

今後の情報に注意してください。

 

(19日午後1時更新)

最新のニュース