【台風14号】大分県の広い範囲が暴風域に あす朝から昼前に最接近(午後6時)

2022年09月18日 17:39更新

大分県内は既に、広い範囲で台風14号の暴風域に入っていて、由布市湯布院町の一部地域には大雨警戒レベル5の「緊急安全確保」が発表されています。

台風が県内に最も近づくのは19日朝から昼前にかけてと見られていて今後、さらに警戒が必要です。

 

台風14号は、午後6時の時点で1時間におよそ20キロの速さで北に進んでいると見られます。中心の気圧は930ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は45メートルです。

18日午後6時からの24時間雨量は西部、南部が400ミリ、中部、北部が300ミリと予想されています。19日の日中にかけて線状降水帯が発生して災害の危険度が急激に高まる恐れがあるほかこれまでに経験したことのないような大雨となり「大雨特別警報」が発表される可能性があります。

佐伯市蒲江では18日午後3時34分に観測史上最も強い最大瞬間風速41メートルを観測しています。

 

現在、16の市と町の全域にまた、大分市の一部地区に避難指示が出されています。

午後4時半ごろ由布市湯布院町では宮川が氾濫し浸水が想定される5つの地区に「緊急安全確保」が発表されました。

これは、大雨警戒レベルのうち最も危険性が高い「命の危険」があることを示すレベル5の情報で住民に命を守るための最善の行動を強く求めるものです。

また、同じ由布市の大分川では警戒レベル4相当の「氾濫危険情報」が発表されています。

 

土砂崩れも相次いでいて、竹田市穴井迫の国道57号では道路脇の斜面が崩れ現在、全面通行止めとなっています。

交通機関ではJRが、18日ほぼ全ての列車の運転を見合わせています。

今後の情報にご注意下さい。

最新のニュース