【台風14号】今夜はじめごろに暴風域に さらに雨風強まる見込み 大分(18日午後3時)

2022年09月18日 15:10更新

台風14号について、大分県内はすでに全域が強風域に入っています。

気象台は線状降水帯が発生する恐れがあるほか、大雨特別警報を発表する可能性もあるとして最大級の警戒を呼び掛けています。

 

県内の早い所では18日夜のはじめ頃には暴風域に入る見込みで、台風が最も近づくのは19日明け方から昼前と見られています。今後、雨、風ともにさらに強まると見られ厳重な警戒が必要です。

 

台風14号は、午後3時の時点で1時間におよそ20キロの速さで北北西に進んでいると見られます。中心の気圧は930ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は45メートルです。

気象台によりますと、県内では走行中のトラックが横転するほどの猛烈な風が吹くとして不要不急の外出を控えるなど厳重な警戒を呼び掛けています。

18日正午からの24時間雨量は南部で350ミリ、西部で300ミリなどとなっています。19日の日中にかけて線状降水帯が発生して災害の危険度が急激に高まる恐れがあるほか、南部を中心にこれまでに経験したことのないような大雨となり「大雨特別警報」が発表される可能性があります。

 

現在、県内10の市と町に警戒レベル4の避難指示が発令されています。

【警戒レベル4 避難指示】

日田市全域・由布市全域・佐伯市全域・中津市全域・宇佐市全域・津久見市全域・臼杵市全域・玖珠町全域・豊後大野市全域・竹田市全域

 

また、また、7つの市と町に警戒レベル3となる高齢者等避難が発令されています。

【警戒レベル3 高齢者等避難】

大分市全域・別府市全域・国東市全域・杵築市全域・豊後高田市・日出町全域・九重町全域

 

午後1時の時点で564世帯816人が避難しているということです。

3連休中の観光施設や商業施設への影響も相次いでいます。

日出町のハーモニーランドや竹田市のくじゅう花公園が18日と19日、臨時休園。

大分市のアミュプラザおおいたは18日、休館となっています。

 

交通機関の影響です。

JRは、18日ソニックなど全ての特急列車が。普通列車も午後は全ての便が運転を見合わせています。

海の便も、フェリー各社が18日と19日の欠航を決めています。

大分空港を発着する空の便も18日午後から19日の便はほとんどが欠航です。

今後の情報にご注意下さい。

最新のニュース