【台風14号】猛烈な雨風に注意 最大限の警戒を

2022年09月18日 08:45更新

台風14号の接近に伴い、九州北部地方では19日午前中にかけて、線状降水帯が発生して大雨災害発生の危険度が急激に高まる可能性があります。

 

【雨】

18日昼前から19日昼過ぎにかけて局地的に雷を伴った猛烈な雨や非常に激しい雨が降るおそれがあります。

大分県南部を中心にこれまでに経験したことのないような大雨となるおそれがあり、大分県では大雨特別警報発表の可能性も。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒をしてください。

【風】

18日昼前から19日夜遅くにかけて海上を中心に非常に強い風や猛烈な風が吹き、海上では19日昼過ぎにかけてうねりを伴って猛烈にしける見込み。

飛来物によって負傷したり、走行中のトラックが横転するおそれもある猛烈な風が吹く見込み。不要不急の外出を控え、屋内では窓から離れるなど暴風に厳重に警戒をしてください。

(18日午前8時現在)

最新のニュース