赤いじゅうたんが秋の訪れ告げる 20万本のヒガンバナ見ごろ

2022年09月16日 18:30更新

大分県竹田市で今、ヒガンバナが見ごろを迎えています。

 

竹田市菅生にある七ツ森古墳群では、およそ2000平方メートルに20万本ほどのヒガンバナが咲き誇っています。群生地として知られていますが、70年ほど前に地元の人たちが整備を始め徐々に増えていったそうです。

この日は雨が降った時間帯もあり、きらきらと輝いて見えるヒガンバナを観賞する人たちの姿が見られました。

 

◆訪れた人は

「ヒガンバナは雨も似合う花なので撮ったら綺麗かなと思って」

「すごいです。北九州・福岡ではこんなたくさん見たことないような気がします」

 

七ツ森古墳群のヒガンバナは今週末まで見ごろだということです。

最新のニュース