イオン九州がフードドライブ実施店を2倍に 「フードロス削減に」 県内でも19店舗で  大分

2022年09月13日 18:30更新

各地に店舗を持つイオン九州がフードドライブを行う店舗を倍増し13日、キックオフイベントが行われました。

フードドライブとは家庭で余っている食品を持ち寄り必要としている施設などに寄付するもので、イオン九州では2019年から行っています。

これまで九州7県の92店舗で実施していましたが、12日からはおよそ2倍となる182店舗で受け付けを始めました。

 

◆イオン九州 大分事業部 山田修事業部長

「フードロス削減の一助になればと思う」

 

県内では19店舗で食料品を1週間回収し、フードバンクおおいたを通じて子ども食堂などに提供されるということです。

最新のニュース