【速報】新型コロナ 455人感染 2か月ぶりに500人下回る 大分

2022年09月12日 15:00更新

新型コロナウイルスについて大分県は12日、新たに455人の感染が確認されたと発表しました。

新規感染者数が500人を下回るのは7月11日以来およそ2か月ぶりです。
また、先週月曜日の735人よりも280人少なく、20日連続で前の週の同じ曜日を下回りました。

また、県内で療養中の90歳以上2人が亡くなりました。県内の累計の死亡者数は324人となりました。



居住地別で見ると大分市が227人、別府市が42人、日出町が13人、杵築市が5人、国東市が3人、臼杵市が16人、津久見市が1人、由布市が12人、佐伯市が14人、豊後大野市が12人、竹田市が1人、日田市が35人、玖珠町が7人、九重町が4人、中津市が27人、宇佐市が22人、豊後高田市が10人、県外が4人となっています。



年代別では10歳未満が87人、10代が61人、20代が35人、30代が72人、40代が75人、50代が46人、60代が24人、70代が23人、80歳以上が32人となっています。



感染経路は家族が158人、知人が3人、職場が14人、県外が3人、学校が21人、施設が43人、医療機関が30人、会食が4人、不明(調査中)が179人となっています。



感染が確認された455人のうち、1人が中等症と判断されています。

病床使用率は53.5%、重症者の病床使用率は7.0%となっています。

最新のニュース