台風11号 遠ざかりつつあるも大分県全域が強風域 災害に警戒を

2022年09月06日 06:45更新

大型で強い台風11号は大分県内から遠ざかりつつありますが、引き続き線状降水帯予測情報が出されていて警戒が必要です。

 

台風11号は北上を続けていて県内からは遠ざかりつつあります。

ただ、現在も全域が風速15メートル以上の強風域に入っています。

 

佐伯市宇目では観測史上最大となる最大瞬間風速27.7メートルを観測しました。

現在、大雨警報が県の南部に。暴風と波浪の警報が県の北部と中部の沿岸部、佐伯市に出されています。

また大雨警戒レベル3にあたる高齢者等避難が日田市、佐伯市、宇佐市、玖珠町、九重町に出されています。

 

九州北部地方では、6日午前中にかけて線状降水帯が発生して大雨災害の危険度が急激に高まる可能性があり、気象台が警戒を呼び掛けています。

 

各地の最大瞬間風速です。
佐伯市蒲江30.9m(午前4時5分) 
佐伯市宇目27.7m(午前1時10分) 
佐伯市佐伯27.2m(午前2時24分) 
豊後高田市23.5m(午前2時49分) 
国東市武蔵22.1m(午前4時27分) 
大分市18.1m(午前4時5分)

最新のニュース