気象庁「不要不急の行動、外出は避けて」 大型で強い台風11号 警戒を 

2022年09月05日 18:30更新

大型で強い台風11号は6日明け方から朝にかけて大分県内に最も近づく見込みで、気象庁は九州北部地方に線状降水帯予測情報を発表しています。

雨のほか、土砂災害や暴風、高波などに警戒が必要です。

 

大型で強い台風11号は現在、東シナ海にあって1時間におよそ25キロの速さで北北東に進んでいると見られます。中心の気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートルです。県内には6日の明け方から朝にかけて最も接近する見込みで現在、県内全域が風速15メートル以上の強風域に入っています。

 

◆気象庁の担当者は

「あす朝の通勤時間帯、交通の影響がかなり出てくる可能性がある。不要不急の行動、外出はなるべく避けてもらうようによろしくお願いします」

 

気象庁が警戒を呼び掛けた台風11号。

九州北部には線状降水帯予測情報が出されていて、気象庁は5日夜から6日午前中にかけて大雨災害の危険度が急激に高まる可能性があるとしています。

 

また現在、大分市や別府市、津久見市などに波浪警報が発表されているほか、佐伯市と日田市など5つの市と町が全域に大雨警戒レベル3の「高齢者等避難」を出しています。

港では5日午前、台風に備えて船を固定させる漁師の姿が見られました。

 

◆漁師は

「(台風が)かなり大きいのでいつ突風が吹いたりするか分からないので早めに港の中に船を入れた」

 

◆TOS山路謙成記者

「佐伯市の小中一貫校では、台風の影響で掃除や部活の時間を削り早めに下校しています」

 

県内の小中学校では台風に備えて下校時間を早めたり部活動を中止したところもありました。また、6日は県内ほとんどの県立高校と、佐伯市や日田市など12市町村の全ての公立の小中学校が臨時休校となっています。大分市と別府市の小中学校は始業時間を遅らせる対応を取っています。

最新のニュース