最大瞬間風速35メートルの予想も 今夜からあす正午ごろまで警戒を

2022年09月05日 18:30更新

台風11号の大分県内への影響について、気象予報士の大波多さんの解説です。

大型で強い台風11号は6日の早朝に県内に最接近する予想です。

 

まず今後の雨雲と風の予想です。

台風は6日にかけて東シナ海を北東方向に進み、6日早朝に九州北部に近づいて来る予想です。県内では台風に向かう南東の風が強まる予想で、雨雲はこの風が吹きつける南部を中心に、風は豊後水道から北の方に抜けていくため海上のほか、南部や北部の沿岸を中心に強まりやすくなります。

県内で警戒が必要な時間帯です。

雨は5日夜から6日正午にかけて、風や波は日付が変わるころから警戒が必要な警戒クラスとなる予想です。

 

詳しく見ていきます。

雨の予想です。

6日午後6時までの24時間に、南部の多いところでは250ミリの雨が予想されています。一般的に24時間雨量が200ミリを超えると、災害発生の危険度が高まります。雨のピークは6日の未明から明け方ごろの予想です。

 

続いて風の予想です。

6日にかけて予想される最大瞬間風速は、北部の海上と陸上で35メートルと非常に強い風が予想されています。最大瞬間風速35メートルというと立っていられないくらいの風、飛んでくるものでけがをする恐れがあるくらいの風です。

5日夜は特に、崖や川のそばにお住いの方は2階など出来る限り高く崖から離れた部屋でお休み下さい。

また危険な所には近づかない、6日朝にかけて外出を控えると共に今一度、自分の家の周辺にも飛びそうなものがないか確認をしてください。

最新のニュース