JR 大分県内全線であす始発から運転見合わせ 台風11号で交通機関に影響

2022年09月05日 18:30更新

大型で強い台風11号の接近に伴い、大分県内の交通機関に影響が出ています。

 

◆TOS白井信幸記者

「JR大分駅です。改札前のホワイトボードには台風による運転見合わせなどの情報が張り出されていますが、立ち止まって見つめる人の姿も見られます」

 

交通機関の影響です。

JRは5日午後6時から日豊本線、久大本線、豊肥本線で本数を減らして運行しているほか、運転見合わせの区間も出ています。

 

また、6日は始発から大分県内全線で運転を見合わせます。

 

◆県外から来た2人組は

「大分は大丈夫かなと思っていたが、困った」

 

また、高速バスは大分と長崎を結ぶ便が6日終日運休となっています。

 

一方、海の便は国道九四フェリーとフェリーさんふらわあは5日、全便欠航となったほか、その他の県内と愛媛や山口を結ぶフェリー3社でも午後から欠航となっています。

また、6日は午前中を中心に多くの便が欠航となっています。

最新のニュース