明け方から朝にかけ最接近 台風11号 土砂災害などに警戒を

2022年09月05日 18:30更新

大型で強い台風11号は6日明け方から朝にかけて大分県内に最も近づく見込みです。

 

大型で強い台風11号は現在、東シナ海にあって県内には6日の明け方から朝にかけて最も接近する見込みです。九州北部には線状降水帯予測情報が出されていて、気象庁は5日夜から6日午前中にかけて大雨災害の危険度が急激に高まる可能性があるとしています。

現在、中部の沿岸部に波浪警報が発表されているほか5つの市と町が全域に大雨警戒レベル3の「高齢者等避難」を出しています。

気象台は土砂災害に厳重に警戒し、暴風やうねりを伴った高波などに警戒するよう呼び掛けています。

最新のニュース