台風11号 6日明け方から朝にかけて最接近か 九州北部に線状降水帯予測情報発表

2022年09月05日 11:30更新

大型で強い台風11号は6日明け方から朝にかけて大分県内に最も接近する見込みで、気象庁が九州北部地方に線状降水帯予測情報を発表しました。

 

大型で強い台風11号は5日午前9時現在、東シナ海にあって1時間におよそ20キロの速さで北に進んでいると見られます。中心の気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートルです。

県内には6日の明け方から朝にかけて最も接近する見込みで、5日の昼過ぎに県の西部が、夕方には全域が強風域に入る見込みです。

気象庁は先ほど九州北部地方に線状降水帯予測情報を発表していて、5日夜から6日午前中にかけて大雨災害の危険度が急激に高まる可能性があるとしています。

 

すでに交通機関に影響が出ています。海の便はフェリーさんふらわあと国道九四フェリーが5日、全便欠航になるなど6日にかけて欠航が相次いでいます。

また、JRは5日夕方以降の大分と福岡や宮崎を結ぶ一部の特急列車などの運休を決めています。

最新のニュース